フェラーリ販売、ランボルギーニ販売、外車ディーラー 株式会社リバティ

フェラーリ販売ランボルギーニ販売車両売却をお考えの方へ修理・メンテナンスリンクお問い合わせ店舗のご紹介HOME
LIBERTY
CONTENTS

フェラーリ販売

フェラーリ458スパイダー

フェラーリ458スパイダー 新車価格帯 3060.0万円
(人気のV8ミッドシップに追加されたオープンモデル)
最高出力570ps/最大トルク540N・mを発生する4.5LのV8エンジンをミッドシップに搭載する現行フェラーリで、最もスポーティな458イタリアをオープン化したモデルが458スパイダーだ。前述の出力は458イタリアそのままに、アクセル・ペダルのマッピングやマルチリンク・サスペンションの減衰力などオープントップでの走行状態に合わせた改良が施される。オープントップを実現するルーフには軽量なアルミニウムを採用。従来のソフトトップと比較し、約25kgの軽量化とルーフの開閉時間は約14秒まで短縮された。ちなみにこのオープンフェラーリの実力だが、0-100km/h加速は3.4秒未満、最高速は320km/hと発表されている

フェラーリ458イタリア

フェラーリ458イタリア 新車価格帯 2830.0万円
(V8ミッドシップの本格「跳ね馬」)
V8エンジンをミッドシップに搭載するフェラーリのラインナップの中でも、最もスポーティなキャラクターを与えられたモデル。F430から刷新されたシャーシは、新設計された前:ダブルウィッシュボーン、後:マルチリンクというサスペンションとあわせて、大幅なボディ剛性の向上が図られている。4.5LのV8DOHCエンジンは直噴化が施され、最高出力570ps/最大トルク55.1kg-mを発生。F1からフィードバックされた電子制御デフや、トラクションコントロールなどのデバイスが統合制御することで、安全性も追求されている。また、エンジンが直噴化されたことでCO2の排出量も減少しており、ヨーロッパの環境基準、ユーロ5およびLEV2にも対応している。

フェラーリ612スカリエッティ

フェラーリ612スカリエッティ 新車価格帯 3133.2万〜3297.0万円
(V12エンジン搭載の2+2モデル)
最高速度が315km/hに達する高性能スポーツカーでありながら4シーター車としての居住性を確保したモデル。スカリエッティの名前はフェラーリの草創期に数多くの魅惑的なデザインを生み出したデザイナーの名前からとったもの。ロングノーズとシェイプアップされたボディサイドなど、エレガントかつアグレッシブなイメージの外観デザインが特徴だ。ボディにはフェラーリの12気筒モデルとして初めてオールアルミ製のスペースフレームを採用。エンジンは575Mマラネロと同じV12で、540ps/588N・mのパワー&トルクを発生する。

フェラーリ599

フェラーリ599 新車価格帯 3458.7万円
(最強のフロントエンジンモデル)
2006(H18)年10月の発売時にフェラーリ史上最強のモデルという称号を受けたのが599。フロントエンジンのフェラーリ575Mマラネロの後継モデルとで、古くは伝説的なスポーツカーである250GTの系譜を受け継ぐ。ダイナミックなエクステリアデザインは、ピニンファリーナに在籍する日本人デザイナーによるものだ。エンジンは6LのV12でリッター当たり100psを超える620ps(456kW)のパワーと608N・mのトルクを発生する。0→100km/h加速を3.7秒で駆け抜け、最高速は330km/hを超えるという。F1ギアボックスやF1 TRAC、SCMサスペンションなど、F1テクノロジーを生かした最新技術が盛り込まれる。

フェラーリ FF

フェラーリFF 新車価格帯 3200.0万円
(4人乗りフェラーリの新型は、同社初の4WD仕様)
V12エンジンをフロントに搭載する4人乗りフェラーリで、実質的に612スカリエッティの後継となるモデル。 FFとはフェラーリ(Ferrari)の4WD(Four Wheel Drive)を意味する。4人乗車を可能とするべく後端まで伸ばされたルーフから連なるハッチゲートにより、既存のフェラーリとは一風変わったスタイリングが与えられた。その結果450Lの荷室も備えられる。室内はポルトローナフラウ社製のレザー仕立てという豪奢なものとなった。エンジンは、最高出力 660ps/最大トルク683N・mを発生する6.3LのV12DOHCでツインクラッチの7速F1ミッションが組み合わされる。環境性能も配慮されアイドリングストップ機構が採用された

フェラーリ575Mマラネロ

フェラーリ 575Mマラネロフェラーリ史上最強のV型12気筒エンジンを搭載するモデル。2ドアクーペの外観デザインはピニンファリーナに在籍する日本人デザイナーの奥山氏の手によるもの。同じ奥山氏のによる612スカリエッティとの共通性も見受けられる。リヤのミッドシップではなくフロントにエンジンを搭載するので直接的には 575Mマラネロの後継モデルとなるが、古くは伝説的なスポーツカーである250GTをルーツとする長い系譜を今に受け継ぐモデルともいえる。搭載される V型12気筒6.0リッターエンジンは456kW(620ps)/608N・mのパワー&トルクを発生する。この排気量でリッター103psという動力性能はさすがにフェラーリだ。これによって0-100km/hを3.7秒で駆け抜け、最高速は330km/hを超えるという。599にはF-1テクノロジーを生かした各種の新機構・新装備が採用されている。F-1ギアボックスは進化版のF-1スーパーファースト・ギアボックスとなり、前後輪の回転差を検知して車両の挙動を予測した適切な駆動力制御を行う先進的なトラクションコントロールシステムであるF-1 TRAC、磁性粘性流体を採用した新時代の電子制御サスペンションであるSCMサスペンションなどが採用される。これらはステアリングホイールに装着される車両制御用のマネッティーノによって総合制御される。

フェラーリ612スカリエッティ

フェラーリ 612スカリエッティ2004年に発売された612スカリエッティ。「スカリエッティ」の名前は、フェラーリ社草創期に、数多くの魅力的なボディデザインを生み出してきたセルジオ・スカリエッティ氏に敬意を表して命名されたものだという。フェラーリ12気筒モデルとして初めてオールアルミ・スペースフレームを採用した2+2の4シーターモデルだ。456Mよりもホイールベースを350mm延長した大きなボディサイズをもつが、軽量化とフレーム剛性の60%アップを達成している。リアのレッグスペースやラゲッジルームの容量は拡大され、居住性や収納性が向上した。ピニンファリーナによるスタイリングは、エレガントでありながらアグレッシブさも感じさせるもの。かつての名車375MMをモチーフにしたという、長いフロントノーズとフロントフェンダーからドアにかけての側面シェイプが特徴的だ。エンジンはV型12気筒5.8リッターDOHC。最高出力は、456Mに比べて100psアップとなる540psだ。フロントアクスルの後方レイアウトなどによりフロントミッドシップレイアウトを達成、前後46:54という重量配分を実現している。サスペンションはダブルウィッシュボーン。これに加えて電子制御式のアクティブダンパーを装備する。トランスミッションは6速MTおよび「F1Aタイプ」と呼ばれるセミオートマが用意された。最高速度315km/h超、0-100km/h加速4.2秒という圧倒的なパフォーマンスを誇っている。

フェラーリF430

フェラーリ F430フェラーリの主力モデルとなるのがF430。F355〜360モデナと続くV型8気筒エンジン搭載車の系譜を受け継ぐモデルだ。左右に大きな開口部を持つフロントデザインが特徴的で、ボディはクーペとフルオープンのスパイダーの2種類がある。全長は4515mmとさほどではないが、全幅は1925mmと超ワイド、全高はわずか1215mm(スパイダーは1240mm)に抑えられている。ミッドシップに搭載される新世代のV型8気筒エンジンは357kW/465N・mの圧倒的なパワー&トルクを発生する。これに6速MTとやはり6速のF-1タイプギアボックスが組み合わされ、0→100km/hの加速をわずか4.0秒で駆け抜けていく。モータースポーツの最高峰であるF-1が開始された1950年から参戦を続けているフェラーリらしく、F430にもさまざまなF-1テクノロジーが採用されている。ステアリングの裏面に設けられたパドルによって変速操作を行うF-1タイプギアボックスを始め、エレクトロニックディファレンシャル、スタビリティ&トラクションコントロール、コミュータースイッチなどがそれ。もちろんパワーユニットやシャシー、エアロダイナミクスなどにもF-1テクノロジーはダイレクトにフィードバックされている。F-1によるクルマの進化を市販車として体現しているのがF430なのだ。